教養・歴史不動産コンサル長嶋修の一棟両断

割安な「半地下物件」の重大リスク/48

    地下にたまった水をポンプで排出する川崎市内のマンション
    地下にたまった水をポンプで排出する川崎市内のマンション

     半地下や地下の住戸は水害リスクが増すばかりでなく、湿気や日当たりなど懸念材料が多い。それでもわざわざ作られるのは、建築基準法による建物の高さ制限や、容積率の問題をクリアするためである。

     ワンフロアの高さが3メートルの場合、7階建てのマンションを建てようとすると、全体の高さは単純計算で21メートル。高さ制限が20メートルだったとすると、1メートル超過してしまう。その1メートル分を地下に掘り下げ、半地下の住戸を設けることで解決するわけである。さらに地下空間は容積率の緩和を受けられるため、半地下や地下の住戸を設ければ販売戸数を増やせる。マンションデベロッパーにとってメリットは大きい。

     そんな半地下や地下の住戸には、建物の周辺の地面を掘り下げて作る空間「ドライエリア」の設置が義務付けられる。これにより、地下空間に日差しが入り、風通しもよくなる。

    残り857文字(全文1231文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事