投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

地下駐車場 車の水没は自己責任/49 

    都市部のマンションには機械式駐車場が多い
    都市部のマンションには機械式駐車場が多い

     水は高いところから低いところへと流れる。5月16日には宮崎県えびの市で、12時間降水量が200ミリを超え、半日でひと月分以上の雨量となった。こうした大雨が都市部に来た時、気をつけたいのがマンションの「機械式地下駐車場」だ。

     マンションには排水ポンプが設置されているが、大量の雨水が一気に流れ込むことは想定していない。ゲリラ豪雨で排水処理能力を超えると、処理しきれなかった水によって、公共下水が満水で処理不能となり、猛烈な勢いで地下駐車場に流れ込む。水量次第では車が水没するケースも多い。

     水没した車はほとんどの場合、廃車にするしかない。その負担は、個人で加入する車両保険の補償が頼みの綱。駐車場の設計や排水計画の欠陥など明らかな過失がない限り、売り主に責任を問えない。

    残り898文字(全文1233文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット