国際・政治エコノミストリポート

米疾病対策センターと新型コロナ 世界最強の感染症対策機関がトランプ政権下で指揮とれず=大西睦子

    (出所)The State of Nation:A 50-State COVID-19 Survey:Report of April 30th v.1.0のデータを基に筆者作成
    (出所)The State of Nation:A 50-State COVID-19 Survey:Report of April 30th v.1.0のデータを基に筆者作成

     予算111億ドルの巨大組織、世界最強の感染症対策機関とも言われるCDC(米疾病対策センター)。多くの米国人が敬意を抱く米連邦政府の機関だ。2020年4月のハーバード・ケネディスクールなどの研究者による、約2万3000人を対象にした全国調査では、88%の米国人がCDCを信頼していると答えた(図)。背景には、これまでCDCが成し遂げた数々の偉業がある。

     現在、米国では新型コロナウイルスの感染症が猛威を振るい、これまで10万人以上が亡くなった。このような絶望的な状況で、米国民はCDCの正しい情報を渇望している。ところが、CDCからの情報が伝わってこない。一体、CDCに何が起こっているのだろうか?

    残り3426文字(全文3726文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット