週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     急速に盛り上がった9月入学の議論が一気にしぼんだ。

     長期休業からようやく開校にこぎつけた全国の学校だが、第2波が来れば、詰め込みで全課程を終わらせるのは至難の業となる。

     現役高校生から9月入学という声が集まり、現場をあずかる都道府県知事からも賛同の声が上がった。

     入学時期が4月か9月かに正解はない。左側通行・右側通行と同じだ。ただ、グローバリゼーションは止まらない。「世界の中の日本」という視点で見れば、子どもたちが国際的に活躍するために、夏から秋の入学に切り替えた方が良いことは明白だ。

     留学する学生にとっては、現行のままだと海外と入学・卒業の時期がずれ、行くにも帰るにも都合が悪い。ずれをなくせば、トップ層は東大かハーバード大か、自由な選択が容易になる。留学生受け入れでも同じだ。

    残り444文字(全文788文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事