経済・企業学者が斬る・視点争点

データを「価値」に変える設計図=立本博文

    インフラの整備だけでも有用

     データは今、最も重要な資源と言われている。ここで言うデータとは、「デジタル化されている情報」を指し、(1)EC(ネット通販)の購買情報やウェブサイトの閲覧履歴などの「個人データ」、(2)商品の流通・在庫情報、研究情報などの産業データ、(3)気象情報や衛星からの観測情報などの自然データ──がある。

     こういったデータは「データ資源」とも呼ばれ、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)などのプラットフォーム企業は、データ資源を膨大なデータセット(データの固まり)、いわゆる「ビッグデータ」として蓄積し、うまく活用することで躍進した顕著な例だろう。

    残り2305文字(全文2599文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事