経済・企業学者が斬る・視点争点

データを「価値」に変える設計図=立本博文

インフラの整備だけでも有用

 データは今、最も重要な資源と言われている。ここで言うデータとは、「デジタル化されている情報」を指し、(1)EC(ネット通販)の購買情報やウェブサイトの閲覧履歴などの「個人データ」、(2)商品の流通・在庫情報、研究情報などの産業データ、(3)気象情報や衛星からの観測情報などの自然データ──がある。

 こういったデータは「データ資源」とも呼ばれ、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)などのプラットフォーム企業は、データ資源を膨大なデータセット(データの固まり)、いわゆる「ビッグデータ」として蓄積し、うまく活用することで躍進した顕著な例だろう。

残り2305文字(全文2599文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事