経済・企業独眼経眼

高失業率に反して増える米所得=藤代宏一

    (出所)リフィニティブより筆者作成
    (出所)リフィニティブより筆者作成

     日本経済回復の鍵を握るのは、新型コロナウイルスの感染状況は言わずもがな、海外からの追い風も不可欠である。そうした意味で、米国の雇用所得環境と消費動向は特に注視したい。

     本題に入る前に確認したいのは「なぜ雇用統計はこれほどまでに注目されるのか」だが、それは取りも直さず、雇用統計をみておけば米国経済の7割を占める個人消費の動向がつかめるからだ。

     目下の状況はどうだろうか。まず失業率に目を向けると、4月は戦後最悪の14・7%、5月は13・3%まで改善したものの、依然として高水準にある。通常の景気後退局面であれば、このような高失業率は雇用者所得の大幅減少を通じて消費を破壊する。

    残り761文字(全文1050文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事