教養・歴史書評

橋本内閣から現在に至る官邸主導政治の強さ=井上寿一

     安倍晋三内閣のコロナ禍対策は、欧米諸国と比較すれば肯定的に評価できるとしても、アジア諸国内では突出して成果を上げているとは言いづらい。この間にも次々と問題が起きている。給付金問題は当初の条件付き30万円から曲折を経て一律10万円に至る。「アベノマスク」は緊急事態宣言の解除後になって、今も配布の途上である。「持続化給付金」の委託費も政治問題化している。コロナ禍対策とは別に、検察官の定年延長法案問題で国会が紛糾した。

     これだけ短期間に問題が起きれば、内閣支持率は低下する。しかし、内閣崩壊の危険水域には遠く達していない。なぜ、安倍内閣は強いのか。

    残り619文字(全文893文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット