国際・政治ワシントンDC

空港で防護服の乗客も コロナ禍での米赴任記=吉村亮太

    シカゴ・オヘア空港での一幕
    シカゴ・オヘア空港での一幕

     このたび、ワシントンDCへ着任した。異動発令は4月1日付だったが、新型コロナウイルスの影響で遅れ、5月16日にようやく日本出発にこぎつけた。筆者の勤務先は3月初頭から在宅勤務に移行しており、しばらく遠出をしていなかったこともあり、2001年の同時多発テロ直後に米国出張した時以上の緊張感があった。通常は空港までは電車を利用する。しかし、当地で入手しにくいマスクや、不測の事態に備えた大量の衣類などでトランクの数が増えてしまい、今回はタクシーを利用した。土曜日の昼過ぎというのに成田空港へ向かう高速道路はガラガラだった。

     空港が開店休業状態であることは予想していたが、到着ロビーの車寄せは人っ子ひとりおらず、想像以上の状況だった。普段、混雑している所が閑散としていると調子は狂うが、チェックインも出国手続きも待ち時間ゼロというのはストレスが無い。ターミナルビル内の店舗もほとんどが休業で、少し時間を持て余した。搭乗率は低かったが、機内サービスはいつも通りで、快適な空の旅となった。

    残り880文字(全文1320文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット