経済・企業話題の記事

インタビュー 坂井辰史 みずほフィナンシャルグループ社長 「融資契約の電子化は8000社になった」

    酒井辰巳 みずほフィナンシャルグループ社長
    酒井辰巳 みずほフィナンシャルグループ社長

     移動や人との接触を制限するコロナ危機は、金融界に大変革を迫っている。みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長に対応を聞いた。

    (聞き手=浜條元保・編集部)

    ── 新型コロナウイルスの感染拡大で、幅広い業種に影響が出ているのではないか。

    ■融資の申込件数は、足元でコミットメントライン(融資枠)を含めて17兆円に達している。内訳は海外の大企業が4兆円、国内の大企業11兆円、国内の中堅・中小企業が2兆円弱だ。海外の大企業は3月に融資申し込みがすごい勢いで増えたが、4月に入り落ち着いている。国内の大企業は4月に入って一気に増えた。業種にもよるが、総じて備えはできている。問題は中堅・中小企業。週次で約1000件の融資の申し込みがあり、足元でも変わらない。飲食や小売り、観光・レジャー関連企業に負荷がかかっている。

    ── リーマン・ショックとの違いは何か。

    残り1044文字(全文1418文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット