国際・政治話題の記事

米雇用統計が予想外の“改善” コロナ禍前の回復には「10年」 経済弱者の増加で格差拡大へ=荒武秀至

    (出所)米労働省より三菱UFJ国際投信作成
    (出所)米労働省より三菱UFJ国際投信作成

     コロナ禍の影響で悪化が予想されていた5月の米雇用統計は、予想に反し大幅に改善した。非農業部門雇用者数(前月差)は市場予想750万人減少に対し5月実績は250万人増加し、失業率は市場予想19%に対し実績は13・3%と、それぞれ改善した。事前予想とこれほど異なる結果となったのは、統計のゆがみを含めて複合的な要因によるものと考えられる。

     第一は、たとえ就業していなくとも給与の一部でも支払われていれば就業とみなされるからだ。5月の米雇用者数(季調前)は1億3746万人、そのうち544万人が就業していないのに給与が支払われているため雇用者としてカウントされている。雇用者ではなく失業者にカウントすれば5月失業率を3・1%押し上げ、実績値13・3%は16・4%になるとの試算を米労働省は発表している。

    残り852文字(全文1200文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事