資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

エルニーニョ&ラニーニャ現象(下) 農業、インフラなどに神大被害/8 

     地球規模で起きる気候変動にエルニーニョ現象とラニーニャ現象が知られている。いずれも3~5年おきに発生し1年以上継続することもある。現在、気象庁は南米ペルー沖の「エルニーニョ監視海域」で海面水温を記録しており、これが基準値と比べて6カ月以上続けて0・5度以上となった場合を「エルニーニョ現象」、また0・5度以下となった場合を「ラニーニャ現象」とそれぞれ定義している。

     図は1950年以降の両現象の発生期間と基準値との温度差を示すが、特に1997年の影響が顕著だった。日本でも冷夏による農業被害が発生し、全世界の経済的被害は340億ドル(約3兆6000億円)に達したと世界気象機関(WMO)は報告している。

    残り809文字(全文1111文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事