教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

エルニーニョ&ラニーニャ現象(上) 貿易風の変化が起こす異常気象/7 

 日本が数年おきに経験する冷夏や暖冬も、世界的に見れば循環的に起きている気象現象の一部である。そうした代表に「エルニーニョ現象」がある。南米ペルー沖で冬の海水温が平年より2〜5度ほど上昇する現象で、数年ごとに周期的に発生する。

 エルニーニョ現象のない通常の年は、太平洋中央部で東風(貿易風)が吹いている(図の上)。この時、赤道付近の海の表面にある温かい海水は、貿易風に動かされて西へ吹き寄せられる。この結果、南米ペルー沖では、移動した表面の海水と置き換わり、深海から冷たい水が湧き上がる。

 この深層水にはリンや窒素などが含まれており、プランクトンが大量に発生する。これらをエサにするカタクチイワシなどが集まり、この海域は世界有数の漁場となる。

残り716文字(全文1037文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事