資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

台風のメカニズム 温暖化で巨大化する可能性/9

     毎年のようにやってくる台風だが、近年は災害の規模が大きくなっている。場所によってハリケーンやサイクロンと呼び名が異なるが、いずれも熱帯低気圧の成長という同じメカニズムで起きる。これらが地球温暖化と関連するのかが話題となっているが、決着はついていない。

     地上を吹く風はすべて大気中の気圧の差があるところで生じる。地域ごとの空気の温度に差がある時に、気圧の差が生じる。地面に太陽の光が当たり空気を暖めると、空気が膨張し軽くなって上昇する。すると地上近くでは空気が少なくなるため気圧は低くなる。気圧の差が大きい地域の間で強い風が吹く。

     この気圧の差が「低気圧」と「高気圧」となる。いずれも基準となる決まった数字があるのではなく、周囲と比べて相対的に表示される。

    残り904文字(全文1232文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事