週刊エコノミスト Online狂った米国、中国の暴走

米中対立でも伸びる!強靱企業 キーエンス、ダイフク、レーザーテック=和島英樹

    FA関連の製造装置メーカーの株価が好調だ Bloomberg
    FA関連の製造装置メーカーの株価が好調だ Bloomberg

     米中対立は経済の停滞を招きかねず、日本企業の業績にも懸念が広がっている。しかし、独自の技術に強みがある企業などはこうした状況でも需要を取り込み成長できる可能性がある。特に「ファクトリー・オートメーション」(FA=工場の自動化)や半導体の微細化や関連する製造装置メーカーに多く見られ、株価も堅調だ。高技術、高シェア商品を有する銘柄やセクターをチェックしたい。

     FAに不可欠な先端のセンサーで実質的に世界首位とみられるキーエンスは今年5月に上場来の高値を更新した。時価総額でソフトバンクグループやNTTを抜き、トヨタに次ぐ2位に躍り出る場面もあった。生産性向上のためのFAは国や地域を問わず注力している分野で、将来性が評価されている。

    残り1387文字(全文1703文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット