国際・政治ワールドウオッチ

インド 国境問題「雪解け」ムードが一転=中島敬二

    国境問題は互いの国益を損なう (Bloomberg)
    国境問題は互いの国益を損なう (Bloomberg)

     インドと中国の国境地帯で6月16日、両国の軍隊が衝突し、インド軍20人が死亡した。両国外相は電話会議で「国境地域の平和を守る」ことで一致した。

     衝突は、国境問題解決に進展が見られた矢先の出来事だった。5月9日、国境では両軍がパトロール中、突発的に衝突し、同月26日、両国政府は軍備を指示、緊張感が高まったが、6月7日に「国境地域の平和と平穏を確保」との合意に達し、紛争問題は収束に向かう、との見方が強まっていた。

     中印関係が良好だった時期もあった。1949年に中国で共産党政権が樹立すると、54年にはネルー首相と周恩来首相が「インドと中国は兄弟」とし、領土主権の尊重、相互不可侵、内政不干渉、平等互恵、平和共存など「平和5原則」を掲げた。

    残り207文字(全文527文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事