国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 自転車・歩行者専用の橋建設へ=斎藤康弘

    マンハッタンとブルックリンを結ぶ「ブルックリン橋」は観光地としても大人気 (Bloomberg)
    マンハッタンとブルックリンを結ぶ「ブルックリン橋」は観光地としても大人気 (Bloomberg)

     ニューヨーク市の中心街・マンハッタンの東側を流れるイースト川を渡る自転車と歩行者のための専用の橋を建設する計画が持ち上がっている。都市交通の専門家グループが発案した。

     背景には、新型コロナウイルス対策で、人が密集する地下鉄を避けるため自転車利用の通勤者が急増したことがある。加えて、新たな建築計画によってコロナでダメージを受けたニューヨーク市経済の復興の一助とする狙いもあるという。

     橋の名前は「クイーンズ・リボン」(仮称)。マンハッタンのミッドタウンとクイーンズ区をつなぐ計画だ。橋の建築予算は約1億ドル。建築を進めるには州と市の承認を経る必要があるが、コロナで財政的損失を受けた同市が必要な予算を捻出できるかどうかという点が大きなハードルとなっている。

    残り172文字(全文501文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事