国際・政治ワールドウオッチ

南アフリカ 都市封鎖緩和も予断許さず=蓑和希典

    ヨハネスブルク市内にあるショッピングセンターでは、店舗内での飲食も解禁された 筆者撮影
    ヨハネスブルク市内にあるショッピングセンターでは、店舗内での飲食も解禁された 筆者撮影

     南アフリカ政府は6月、全国的なロックダウン(都市封鎖)の緩和を実施した。これまでの警戒レベルは5段階中の「4」だったが、1段階下げた「3」とした。これによってほぼ全ての業界が経済活動を再開、条件付きだが街中は普段の生活を取り戻している。

     しかし、南アフリカにおける新型コロナウイルスの感染者は今もなお増加傾向にあり、この状況下で社会活動の再開を余儀なくされるほど、厳しい経済状況にあることも透けて見え…

    残り303文字(全文504文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事