国際・政治ワールドウオッチ

ロシア 教育現場に監視カメラを設置へ=前谷宏

    既にモスクワ市内には多数の監視カメラが設置されている (Bloomberg)
    既にモスクワ市内には多数の監視カメラが設置されている (Bloomberg)

     ロシアで初等中等教育を担う4万3000校以上の学校に顔認証システムを備えたカメラが設置される計画が進められていることを、露経済紙『ベドモスチ』が報じた。

     同紙によると、計画は「子供の安全を守る」ことが目的で、1校当たり約20台のカメラを校舎内の廊下や階段、ホールなどに設置。児童・生徒の登下校の確認や、部外者の侵入も検知でき、将来的には教員の労働時間の管理や遠隔教育への転用も可能だ。すでに約1600校に試験的に…

    残り312文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事