教養・歴史書評

自宅では体験できない 中国茶の味わいと時間=高部知子

    ×月×日

     お茶が好きだぁ。でもペットボトルで飲むものは、私の中でお茶ではない。急須で入れるものがお茶。こだわりがあるほどでもないけれど、何でもいいわけでもなくて、緑茶、紅茶、ハーブ茶、花茶など、気分で選べるように買いそろえてある。でも、どうしても自宅で飲めないお茶、それが中国茶かなと思う。以前、北京や敦煌(とんこう)でいただいたお茶が忘れられない。日本の茶道とはまた違う文化を持った中国茶。感動的だった。

    『ものがたり 茶と中国の思想』(佐野典代、平凡社、2200円)。この本を読むと、私があの時、何に触れたのか、少し理解できるような気がする。卑弥呼(ひみこ)の時代からやや過ぎた頃、中国にはすでに『茶経』なるものがあったのだとか。日本の茶道は唐から帰国した僧侶が広めた話は有名だが、この本によるとお茶とはもともと〈不老不死の妙薬〉だったのだとか。中国皇帝が延命のために高僧がたてたお茶を飲んでいたことから…

    残り911文字(全文1314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事