マーケット・金融独眼経眼

休業者の動向が失業率を左右する=斎藤太郎

    (注)左右の状態間のフロー(一定期間の変化量)を比較し、多いほうのフローが少ない方のフローよりどれだけ上回ったかを表示 (出所)総務省統計局「労働力調査」より筆者作成
    (注)左右の状態間のフロー(一定期間の変化量)を比較し、多いほうのフローが少ない方のフローよりどれだけ上回ったかを表示 (出所)総務省統計局「労働力調査」より筆者作成

     2%台前半で推移していた日本の失業率は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛要請、緊急事態宣言を受けて、2020年3月からの3カ月で0・5ポイント上昇し、5月には2・9%となった。

     改善傾向にあった雇用情勢が悪化に転じたのは確かだが、経済活動の急激な落ち込みからすれば、失業率の上昇は限定的だ。

     失業率の上昇を抑制している一因は、非労働力化の進展である。就業者数は20年4月に前年差80万人減と7年4カ月ぶりの減少、5月も同76万人減となった一方、失業者数は4月が前年差13万人増、5月が同33万人増と、就業者の減少に比べ増加は小幅だった。

     非労働力人口は、4月に前年差58万人増と4年11カ月ぶりに増加に転じ、5月も同37万人増となった。この中には、職を失った後に求職活動を行わなかったために非労働力人口となった人たちが含まれると考えられる。非労働力化した人が職探しを始めれば、その一部は失業者となる可能性が高い。

    残り896文字(全文1305文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事