教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

社会に強いメッセージ性を持つアートが軽視されています/41

    社会に強いメッセージ性を持つアートが軽視されています

    アート・パワーと呼ばれる概念を知り、その公共性を議論しよう

     私は世の中の矛盾や不条理など社会問題を取り扱ったいわゆる社会派の映画を見るのが好きです。東日本大震災から9年目を迎えた3月11日にも、映画「Fukushima 50」を見ました。アートは社会に対して強いメッセージを送ることができるものですが、日本では軽視されがち。どうすればアートのメッセージ性を多くの人に理解してもらえるでしょうか。

    残り1176文字(全文1400文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事