教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

社会に強いメッセージ性を持つアートが軽視されています/41

    社会に強いメッセージ性を持つアートが軽視されています

    アート・パワーと呼ばれる概念を知り、その公共性を議論しよう

     私は世の中の矛盾や不条理など社会問題を取り扱ったいわゆる社会派の映画を見るのが好きです。東日本大震災から9年目を迎えた3月11日にも、映画「Fukushima 50」を見ました。アートは社会に対して強いメッセージを送ることができるものですが、日本では軽視されがち。どうすればアートのメッセージ性を多くの人に理解してもらえるでしょうか。

    残り1176文字(全文1400文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事