週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

産業構造の変化で減少した早生まれ=市岡繁男

    (出所)厚生労働省、総務省
    (出所)厚生労働省、総務省

     人口動態は経済を見るうえで重要な要素だ。その変化の一断面は、戦後の七十数年間で早生まれ(1〜3月生まれ)比率が急減したことに見て取れる。例えば1947年の早生まれ比率は28・3%もあった。1〜3月の日数(通常は90日)は1年の24・7%なので、その超過度合いは大きい。だが、そんな高水準の早生まれ比率は55年(29・7%)をピークに低下し、75年には7〜9月生まれと逆転する(図1)。

     1日当たり出生数でみても、75年までは1〜2月生まれが一番多かったが(65年と75年は2月生まれがトップ)、その後は7月生まれや9月生まれに取って代わられ、現在に至る。

    残り283文字(全文561文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事