国際・政治ワールドウオッチ

フィリピン 揺らぐ「報道の自由」=竹内悠

    オンライン上での報道配信に向けて、スタジオの清掃を行っている様子 (Bloomberg)
    オンライン上での報道配信に向けて、スタジオの清掃を行っている様子 (Bloomberg)

     フィリピンで「報道の自由」が揺らいでいる。国家通信委員会は5月5日、民放最大手ABS―CBNの25年間の放送免許が失効したことを理由に、テレビとラジオの放送停止を命じた。免許更新に向けて国会での審議が続いていたが、議会は7月10日に投票を実施、免許更新は認められなかった。同局はドゥテルテ政権に批判的な報道で知られており、政権の報復措置との見方もある。

     ABS―CBNは、2016年の大統領選挙に立候補したドゥテルテ氏が宣伝料を支払ったにもかかわらず、同氏の宣伝を拒否。対抗の野党議員を取り上げ、その後もドゥテルテ政権に対する批判的な報道を繰り返した。大統領は昨年、同局に対して免許を更新しない可能性を示唆していた。

    残り202文字(全文511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事