国際・政治ワールドウオッチ

スウェーデン 高齢者福祉の問題対策へ着手=綿貫朋子

    政府の決定により、高齢者施設は訪問禁止となっている 筆者撮影
    政府の決定により、高齢者施設は訪問禁止となっている 筆者撮影

     スウェーデン政府は、新型コロナウイルス危機下で顕著になった高齢者福祉問題に対する改善策として、2020〜21年で計22億クローナ(約260億円)の予算を計上する。従事者が介護職の専門教育を有給で受けることを可能にし、同時に正規採用につなげて、人員の補強や能力向上を図る。これにより全国で正規雇用が1万人増える見込みだという。

     スウェーデンでは、新型コロナ対策の初期から、重症化しやすい70歳以上や持病のある人を守ると宣言したにもかかわらず、全国各地の高齢者施設で感染が拡大した。保健福祉庁によれば、5月時点で死亡者の9割が70歳以上、そのうち50%が高齢者施設、26%が訪問介護・家事サービスの利用者だ。

    残り228文字(全文531文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事