週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

    Bloomberg
    Bloomberg

     民主主義は終わりつつあるのではないだろうか。

     民主主義の前提は、判断力に富む有権者の存在だ。どの政治家を選べば、よりよい未来が開けるか。選挙で間違えないかどうかは、教育にかかっている。高学歴者が増えれば増えるほど、社会の判断力は豊かになる。それから大切なのはマスコミ。教養ある人々でも、与えられた情報がインチキなら、判断を間違う。民主主義は教育とマスコミが機能していれば盤石だ。

     だが、この前提が崩れてきている。経済も科学技術もひたすら複雑になり、専門家ですら追いつかない。専門家が専門領域にすら対処できないのに、複数の領域を政治が総合的に判断し、その判断の正誤を有権者が裁定することなど、できるわけがない。

    残り516文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事