週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

地方に財源保障と財政自主権を=茂住政一郎

    Bloomberg
    Bloomberg

    米国の対立と危機の歴史に学べ

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い、地方財政運営の困難が予想されている。経済活動の自粛や休業要請に伴う企業収益や個人収入の減少は、地方税収を減少させることが予想され、国の緊急経済対策は固定資産税の軽減を決めた。一方、通常の公共サービスに加え、検査・医療体制の整備や教育現場の対策などにより、今後の地方財政需要の増加が予想される。地方の財源不足額は、過去最大だった2008年のリーマン・ショック後を超える見込みだ。

     コロナ禍に加え、非常に深刻な人種間格差と対立が浮き彫りとなった米国でも同様の状況が予想されている。例えば州段階では、新型コロナウイルス感染拡大と経済活動の停止に伴い、公衆衛生や失業対策などに対する財政需要が増加する一方、08年以上の州税収の激減が懸念されている状況だ。

    残り2394文字(全文2749文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事