週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

ロシア疑惑の被告恩赦 大統領に従う利点見せつけ=古本陽荘

    いったんは有罪となったストーン氏だが(今年2月)(Bloomberg)
    いったんは有罪となったストーン氏だが(今年2月)(Bloomberg)

     米国の大統領は「世界で最も強い権限を持つ」と言われることもあるが、実際には三権分立、連邦政府と地方政府との分権などにより、国内的には大統領権限はかなり制約があるという見方もある。その米国のトランプ大統領が司法権限を踏みにじる暴挙に出た。

     ロシアが2016年米大統領選に介入した「ロシア疑惑」を巡り議会への虚偽証言などの罪で実刑が確定し、収監予定だった盟友の政治コンサルタント、ロジャー・ストーン被告(67)=禁錮3年4月=を恩赦すると発表したのだ。「極めて不公平な扱いを受けてきたため」との理由で、捜査や刑事裁判などのすべてを否定した。

     この捜査を指揮していたモラー特別検察官(当時)は直後に『ワシントン・ポスト』(7月12日付)に寄稿。恩赦されてもストーン被告が、刑事事件で有罪判決を受けた被告であることに変わりはなく、ロシア疑惑の捜査は「最も重要度が高い」ものだったと捜査の正当性を強調した。

    残り885文字(全文1284文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事