国際・政治ワシントンDC

黒人男性暴行死で脚光 「ジュンティーンス」=中園明彦

    通りに「ブラック・ライブス・マター」の文字が(筆者撮影)
    通りに「ブラック・ライブス・マター」の文字が(筆者撮影)

     黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警察官に逮捕された際に窒息死した事件をきっかけに、黒人差別抗議運動が全米に広まっている。その最大の動きが「ブラック・ライブス・マター(BLM、黒人の命は大切だ)」だ。2013年にフロリダ州で発生した白人警察官による黒人少年射殺事件を発端にSNS(交流サイト)で始まった動きであるが、昨年までは大きな事件が発生した時以外、特に目立った活動はなかった。

     ところが今年になって、ホワイトハウスの正面にあるラファイエット公園を起点とした大通りが、突然ワシントンDC市長の意向でBLMプラザと改名され、黒人差別抗議運動を象徴する場となった。今でも週末を中心に、抗議活動賛同者と見物人であふれている。

    残り1016文字(全文1328文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット