国際・政治ワシントンDC

脱炭素の切り札・水素 カリフォルニアが握る成否=川上直

    カリフォルニア州ミルバレーの水素ステーション(Bloomberg)
    カリフォルニア州ミルバレーの水素ステーション(Bloomberg)

     ワシントンDCの日本人駐在員はその多くが3月中旬から始めた在宅勤務を継続中だ。車で遠出をすることもないのでガソリンもなかなか減らないが、先日、数カ月ぶりにガソリンスタンドで給油をした際、ガソリン価格が大きく下がっていることに驚いた。油価が下がったから当たり前なのだが、「ステイホーム」は、こういうちょっとした生活感覚も狂わせてしまうのかとあぜんとした。

     新型コロナウイルス危機によって、原油市場は不安定化した。米国のエネルギー安全保障を支えてきたシェール業界も先行きが不透明だ。コロナ危機が、脱炭素化の必要性を人々に再認識させたことは間違いない。

    残り1021文字(全文1295文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事