週刊エコノミスト Online東奔政走

強硬貫く米国に“融和”掲げる中国 はざまで身動き取れぬ日本=及川正也

コロナ後の世界秩序を巡る米中の攻防が激しさを増している(2019年6月28日に大阪府で開かれたG20サミットで)(Bloomberg)
コロナ後の世界秩序を巡る米中の攻防が激しさを増している(2019年6月28日に大阪府で開かれたG20サミットで)(Bloomberg)

「コロナ後」の世界秩序をどう構築するか。その主導権争いを巡って米国と中国の攻防が激しさを増している。強硬策を貫く米国に対し、際立つのが中国の融和策だ。

「大国の振る舞い」

「米中の軌道を元に戻し、長期的に健全で確固たる進展を遂げるにはどうすればいいのだろうか」

 7月9日、北京で開催された米中シンクタンク・メディアフォーラムで、中国の王毅外相はビデオを通じ、米中関係について包括的な演説を行った。日ごろトランプ米政権に手厳しい王氏が融和的に呼びかけたと話題になった。日本ではほとんど報じられていないので、発言を簡単に紹介したい。

 王氏は米国との関係改善について「互いのシステムの違いを前提とする平和的共存の道を模索する」とし、次の3点を提言した。

残り1747文字(全文2069文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事