国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 早期退職希望の警官が続々=橋本孝

    予算縮小などに対する不満がくすぶっている (Bloomberg)
    予算縮小などに対する不満がくすぶっている (Bloomberg)

     ニューヨーク市警で、早期退職希望者が急増している。5月下旬に黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警官に押さえつけられて死亡した事件以降、7月3日までの期間に503人の警官が退職の申請を行った。前年同期比で75%増えた。

     昨今の警察予算縮小の動きや給与・福利厚生の削減など、行政が警察組織に厳しい対応を迫っている現状や、警察に対する尊敬と感謝の念が失われつつある風潮の中、命を懸ける価値のある仕事か、と疑念を抱…

    残り306文字(全文510文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事