国際・政治ワールドウオッチ

アラブ首長国連邦 コロナ危機で乳牛を大量輸入=相楽聖

     今月、アラブ首長国連邦(UAE)は4500頭もの乳牛を遠く離れた南米ウルグアイより輸入した。UAEは乳製品の約6割を輸入に頼るが、今回の乳牛大量輸入により自国での生産力の拡大を狙う。

     輸入した乳牛はUAE各地の冷房を完備した飼育施設へと運ばれ、「UAE産牛乳」を生産する。大量輸入を促した背景には、新型コロナウイルスによるサプライチェーン(供給網)寸断に対する懸念がある。

     夏の気温は45度にも達し、年間降水量は日本の15分の1程度と、UAEの気候は非常に過酷だ。そのため食料自給率は10%台と言われる。コロナによって食料の輸入が滞ることとなれば、その影響は深刻だ。

    残り212文字(全文496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事