国際・政治エコノミストリポート

コロナが変える中東和平 自国対応専念で撤収加速の米 宿敵サウジ・イランは接近か=玉木直季

    (Bloomberg)
    (Bloomberg)

     今年5月7日、米『ウォール・ストリート・ジャーナル』で、米国がサウジアラビアに配備した地対空ミサイル「パトリオット」からバッテリーを取り去るというニュースが細々と報じられた。この小さな記事が意味することはとても大きい。というのは、新型コロナウイルス対応に追われる米国が、中東関与からの脱却を加速させる動きととらえられるからだ。

     コロナは中東情勢に多角的に影響を及ぼしている。コロナによって中東が向かう先はどう変わるのだろうか。

    残り3059文字(全文3273文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事