国際・政治ワシントンDC

コロナの経済苦境で若者の実家住まい加速=小林知代

    若年層ほど雇用危機にさらされているとの調査結果も(Bloomberg)
    若年層ほど雇用危機にさらされているとの調査結果も(Bloomberg)

     新型コロナウイルス感染拡大後、ニューヨークでは若者の流出が顕著だ。財力のあるカップルは近隣のニュージャージー州などに戸建てを求め、遠隔で仕事ができる若者は田舎に住む親元に一時的に同居する。しかし、失業して経済的に追い込まれた若者は、実家に戻るしかない。

     米国では大学に進学して実家を出ることが、大人になるための一里塚と認識されている。子どもが独立して家を出て行った後に陥る憂鬱な心理状況は、親として乗りきらねばならない人生の試練だ。

     しかし、異変が起きている。巣立った子どもが舞い戻ってくる「ブーメラン現象」が起きているのだ。オンライン不動産データベースを運営する「ジロー・グループ」の分析によると、全米で今年3~5月だけで300万人の成人が親、祖父母の家に引っ越したという。多くが、大学生を含めた25歳以下である。

    残り935文字(全文1294文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事