国際・政治ワシントンDC

コロナ後に再開の美術館 人数制限で悠々の観賞=溝口健一郎

    各展示室でゆっくり作品に向き合える(筆者撮影)
    各展示室でゆっくり作品に向き合える(筆者撮影)

     ワシントン・ナショナル・ギャラリーが7月20日に再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ワシントンDCの全ての博物館・美術館・動物園が閉鎖されていたが、同ギャラリーがコロナ感染規制下でオープンした最初の美術館となった。

     同ギャラリーは、1941年に創設され、13世紀以降の西洋美術の絵画・彫刻を中心に14万点以上のコレクションを誇るワシントン最大の美術館である。毎年450万人が訪れるが、その半数は地元の人々であり、観光名所であると同時に、地域の人々に愛される空間となっている。

     再開はしたが、コロナ感染予防のために極めて慎重なステップを踏んでいる。同ギャラリーは、伝統的コレクションを展示する西館に加えて、モダンアートを中心とする東館及び彫刻庭園から成る。このうち、彫刻庭園は自由に入場できるのに対し、東館は閉鎖を継続、西館はグランドフロアのみを完全予約制でオープンとした。月曜日に翌週分の予約を開始。午前11時~午後4時に、1時間当たり100人、毎日500人のみが入場できる…

    残り876文字(全文1319文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事