国際・政治ワシントンDC

中道と左派を組み合わせ バイデン氏のバランス感覚=川上直

    温暖化ガス排出抑制も思想主義一辺倒ではない(Bloomberg)
    温暖化ガス排出抑制も思想主義一辺倒ではない(Bloomberg)

     新型コロナウイルスの感染拡大はいまだ収束の気配を見せず、テレワークは半年近くに及んでいるが、あっという間に11月の大統領選挙まで2カ月を切った。当地では、対中政策を筆頭に、あらゆることが大統領選挙との関係で議論され、確実にその時が近づいていることはわかるが、他方、在宅勤務を強いられたことで、4年に1度の大イベントを間近に控えたワシントンDCの雰囲気をじかに感じることができなくなっているのは残念で仕方がない。

     民主党のバイデン大統領候補が、副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員を選んだ。早い段階から「女性を選ぶ」と公言しており、最有力候補だったハリス氏ということで驚きはなかったが、比較的若い西海岸出身の黒人女性という、自身とは真逆の人間を据えることでバランスをとった。トランプ政権下の分断社会への対抗軸として多様性ある社会を受容する姿勢をアピールする戦略だ。

    残り949文字(全文1331文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事