国際・政治ワールドウオッチ

ロシア 温暖化で耕地が広がる?=前谷宏

    ロシアは世界最大の小麦輸出国 (Bloomberg)
    ロシアは世界最大の小麦輸出国 (Bloomberg)

     ロシアのシベリアでは今年6月、北極圏で過去最高気温となる38度が観測され、森林火災が頻発した。永久凍土の融解が原因で、火力発電所の燃料タンクが破損したと見られる大規模な軽油流出事故も起こった。いずれも地球温暖化の影響と考えられているが、この温暖化がロシアに新たな「武器」を与えるとの観測が出ている。

     7月18日に米『ナショナル・インタレスト(NI)』に掲載された論考によると、温暖化が最も激しく進めば、40~60年後…

    残り315文字(全文524文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事