【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

借金を恐れない韓国人……コロナで韓国の負債が急増しているワケ

ソウル市内に建設中の大規模マンション団地 筆者撮影
ソウル市内に建設中の大規模マンション団地 筆者撮影

 借金を恐れない韓国人の負債増加速度が深刻さを増している。

 国際金融協会(IIF)の「グローバル負債モニターリポート」によれば、新型コロナウイルスが本格化した今年1~3月期に韓国で家計、政府、金融部門の負債が急増、国内総生産(GDP)対比の負債割合は336・4%と、前年同期(315・1%)と比べて21・3%も増える結果となった。

 いままで韓国は負債に耐えられる能力が他国に比べて良好という評価だったが、ついに負債のファンダメンタルズ(基礎的条件)が世界平均を下回った。

 4~6月期以降に懸念される、企業負債の本格化と補正予算による政府負債の増加、不動産市場の不安定さによる家計負債の急増などを考えると、韓国経済における「借金の問題」は軽視できない。

 なかでも不動産市場は、ソウル市内のマンション価格で見ると、文在寅政権の3年間で平均40%程度値上がりし、一部では2倍の価格でも完売しているという。

 韓国の不動産価格は「狂風」に例えられるほど、天井知らずの勢いで暴騰しており、文政権の国政運営のアキレスけんになりそうだ。

(嚴在漢・産業タイムズ社ソウル支局長)

(本誌初出 韓国 急激に加速する「借金の問題」=嚴在漢 20200818)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事