国際・政治ワールドウオッチ

インド 水耕栽培に普及の兆し=天野友紀子

    葉物野菜のビニールハウス シンプリ―フレッシュ提供
    葉物野菜のビニールハウス シンプリ―フレッシュ提供

     先進国で認知を得ている水耕栽培が、インドでも普及する兆しが見え始めた。農薬や肥料を使わず都市部に近い場所で野菜や果物を栽培できることから、「食の安全」意識の高まる大都市に住む人を中心に需要が拡大。食品通販アプリや大手スーパーで広く扱われるようになった。

     2013年創業のシンプリーフレッシュは、南部ハイデラバード近郊でインド有数の規模の水耕栽培農場を運営する。これまでに3000万米ドル(約31億5400…

    残り305文字(全文508文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事