【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

今も爪痕残す優生思想 拉致された子が自ら執筆=荻上チキ

×月×日

 2020年7月。著名アーティストがツイッターに、「お化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべき」と投稿し、炎上していた。本人は「冗談」だと弁明していたが、この投稿が行われた直後、ALS(筋萎縮性側索硬化症)当事者の嘱託殺人が大きく取り上げられたこともあり、「優生思想そのものだ」という批判が相次いでいた。

 ナチスドイツが、ユダヤ人等の大量虐殺を行ったことは広く知られている。障害者への「安楽死プログラム」、同性愛者迫害なども、聞いたことがあるだろう。「優秀なアーリア人」の血を残すため不要とされた命を選別するわけだが、逆にナチスドイツが、優秀な遺伝子を持つ子を「生産」するために行ったさまざまな政策については、まだまだ多くの人が学ばなくてはならないようだ。

残り1024文字(全文1380文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事