経済・企業深層真相

羽田空港の塩水問題 「原因不明」でゼネコン安堵

     昨年、東京・羽田空港第2ターミナルビルの水道水から高濃度の塩分が検出された問題で、国土交通省は7月31日、原因について「特定には至らなかった」とする調査報告書を公表した。この調査結果に、羽田空港内のトンネル工事を実施していたゼネコン関係者は安堵(あんど)している。

     この問題は19年11月6日朝、機体を洗う洗機場の作業員から「水がしょっぱい」と通報があり発覚、第2ターミナルビルの貯水槽や水道管から高濃度の塩分が検出された。貯水槽の洗浄が完了するま…

    残り338文字(全文563文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事