国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 植生、亜寒帯から亜熱帯へ=冷泉彰彦

    歴史あるニューヨーク植物園 (Bloomberg)
    歴史あるニューヨーク植物園 (Bloomberg)

     ニューヨーク植物園(NYBG)は、園内の植物に関する変化について明らかにした。温暖化の影響で、園内の植生が亜寒帯から亜熱帯へと変化しているという。

     主席学芸員のクリス・ロディック氏によると、約100年前にイタリア系の移民が欧州大陸から持ち込んだイチジクの木はこれまで、ニューヨークのような亜寒帯では冬季に麻布でできた防寒カバーをしておかないと枯れてしまっていた。しかし、昨年の冬に誤ってカバーを忘れ…

    残り302文字(全文502文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事