週刊エコノミスト Online

米最高裁の保守化路線に異変 大統領も制御不能の首席判事=中岡望

    政治圧力に屈しないロバーツ米最高裁主席判事(下段中央) Bloomberg
    政治圧力に屈しないロバーツ米最高裁主席判事(下段中央) Bloomberg

     米最高裁判所で大きな異変が起きている。最近、保守派の期待を裏切るような判決を次々と打ち出したからである。トランプ大統領は就任以来、控訴裁判所や連邦地方裁判所などの連邦裁判所で大量の保守派判事を誕生させ、最高裁でも保守派判事が多数派を占めるよう働きかけてきたが、その思惑を覆す動きになっている。

     米最高裁は保守派とリベラル派の“イデオロギー戦争”や“文化戦争”の主戦場と化した。米国社会の在り方に絶大な影響力を持つ最高裁で、どちらの勢力が優位に立つかは政治の争点になってきた。

     最高裁の開廷期間は毎年10月の第1月曜日に始まり、翌年の7月初めまで続く。昨年10月の段階では、保守派が攻勢に出ると見られていた。トランプ大統領指名の保守派のゴーサッチ判事とカバノー判事の2人が、初めて最初から審議に参加するからである。

    残り1740文字(全文2097文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット