テクノロジー学者が斬る・視点争点

「個人」を変えるDXが生き残る=立本博文

    マーケティングに劇的な効果

    「DX」(デジタル技術の浸透が、生活や産業などのあらゆる分野をより良い方向に変化させるという概念)時代の事業戦略を考える上では、データが重要な資源であるということを、本連載で説明してきた。

     ただし、データを蓄積したり、データを流通させたりするだけでは、大きなもうけにはつながらない。現状は、多くの企業で、データから得られる収益の図を描くことができずに悩んでいる。

     データ資源を使ってビジネスを収益化する道筋は、業界ごとに大きく異なる。まず、BtoB(法人向け取引)とBtoC(消費者向け取引)の二つで分けることができ、BtoB業界はいまだにどのような技術を用いて収益化するのかを模索している段階である。一方、BtoC業界では、データをマネタイズする定番の技術が決まってきているように見える。

    残り2146文字(全文2504文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事