資源・エネルギー沸騰! 脱炭素マネー

ESG投信 コロナ禍でも好成績 今から注目の14本=篠田尚子

    詳しくはこちら

     ESG(環境・社会・企業統治)の考え方と企業業績の間には正の相関関係が見られることが、国内外の複数の実証研究で明らかになる中、ESG評価の高い株式銘柄を組み入れた「ESGファンド」への期待が高まっている。

     2020年8月現在、日本国内で個人向けに展開されている広義のESG関連ファンド(ETFを除く追加型株式投信)は約100本、純資産残高は9800億円を超える。これらESGの概念を取り入れた投資信託には、大きく分けて二つのパターンがある。

     一つは、ファンドの投資方針として、投資先である銘柄の選定時にE(環境)、S(社会)、G(企業統治)のいずれかの項目のスクリーニングを行うと明示しているケース。もう一つは、運用会社が受託者責任の一環で、自社の運用プロセスにESGのスクリーニング基準を組み入れているケースである。

    残り1245文字(全文1612文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事