資源・エネルギー沸騰! 脱炭素マネー

運用大手10社 脱炭素投資アンケート=編集部

 編集部は、国内の大手運用会社10社に対し、脱炭素投資に関するアンケートを実施した。その結果、地球温暖化ガス排出量の多い投資先企業に対して、エンゲージメント(建設的な対話)や議決権行使などを通じて、脱炭素を促す積極的な働きかけをしている姿が浮き彫りになった。

 フィデリティ投信では「日本のメガバンク3行に石炭火力向けの新規融資停止を強く求めた」と言い、実際に融資停止につながった例も出ている。こうした流れは、企業にとり財務面での大きなリスクとなっている。アセットマネジメントOneは「鉄鋼業界の株価低迷の一因」と指摘。ENEOSホールディングスの杉森務会長は「脱炭素のための革新的な技術の開発には、莫大(ばくだい)な投資が必要。そのためのESG資金を呼び込むには脱炭素がマストになる」と説明、資金調達に直接影響するとの認識を示している。

残り5273文字(全文5641文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事