投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

資産バブルの再来が現実味増す/62 

    安倍首相辞任でも、資産価格は上がり続ける…… (Bloomberg)
    安倍首相辞任でも、資産価格は上がり続ける…… (Bloomberg)

     安倍晋三首相が8月28日に辞任を表明し、世間の話題は後任が誰になるかで持ちきりだ。さらに、辞任によって景気や株価などがどう変わるかが注目されている。

     しかし、結論を言ってしまえば何も変わらないだろう。日銀はすでに未曽有の資産を積み上げており、現在の株価や不動産などの資産価格は、金融緩和に支えられている。正確に言えば「変えられない」のだ。

     日銀の資産は、民主党政権から自民党への政権交代時、約158兆円だった(2012年末)が、現在は約668兆円(今年8月20日現在)と、実に510兆円も膨らんでいる。主に国債が419兆円、ETF(上場投資信託)が32・4兆円などと資産が増えた。

    残り986文字(全文1277文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事