教養・歴史書評

歌、イラスト、エッセー 猫歌人13年間の集大成=美村里江

    ×月×日

     近所で三毛猫を見かける(遺伝子上の確率ではほぼメスである)。しゃがんでチッチと舌を鳴らしてみたが、二、三歩こちらに歩んだ後ふと止まり、踵(きびす)を返し去ってしまった。

    「気まぐれで気品があって気難しい三毛猫は気をつかう性格」。たくさんの猫と暮らしてきた著者は、歴代4匹の三毛猫経験からこう詠(よ)んでいる。さすが世界初の「猫歌人」だ。猫の魅力と習性、そこに惹(ひ)きつけられる人間の心について連載13年分が詰まった『猫のいる家に帰りたい』(短歌・エッセイ/仁尾智、イラスト/小泉さよ、辰巳出版、1300円)。

     猫短歌に可愛らしい猫イラスト、そこに猫好きなら共感ばかりのショートエッセーで癒やされる。

    残り1033文字(全文1337文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事