国際・政治話題の記事

米FOMC 金融緩和演出するも長期金利に不安の種=梅沢利文

    パウエルFRB議長は緩和を強化したが… (Bloomberg)
    パウエルFRB議長は緩和を強化したが… (Bloomberg)

     9月15~16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利を少なくとも2023年末までゼロ付近で維持する姿勢が示唆された。さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が8月のジャクソンホール会議で言及した今後の金融政策をフォワードガイダンス(FG、将来の金融政策の指針)に明記し、(1)雇用の最大化、(2)インフレ率2%超え、(3)平均インフレ率2%││の3点を現在の政策の変更条件とした。平均して2%とするためインフレ率の一時的2%超えを容認することでゼロ金利政策の長期化を示した。

     雇用の最大化を完全失業率(4%程度)と読み替えれば、こちらも時間が必要だ。FGの三つの条件をクリアするのは至難の業であることから、FGは長期的なゼロ金利政策継続と読み取れよう。ただ今後の政策運営を想定する上で次の点に注意も必要だ。

    残り692文字(全文1058文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット