教養・歴史書評

「暴君」の実像に迫り史実を丹念に整理=本村凌二

     シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』のせいでもなかろうが、かつてカエサルは英語読みのシーザーと表記された。そのうち「シーザーとは俺のことかとカエサルが言う」と駄洒落(だじゃれ)にされそうかも。

     カエサルほどの人物になると、玉ねぎの皮のごとく伝説に彩られている。小池和子『カエサル』(岩波新書、880円)は、その皮をはぎとり「内戦の時代を駆けぬけた政治家」の実像に迫る。それは、紀元前1世紀のローマ社会に生きた人間の一人として浮かばせることにもなる。

     若造のカエサルが絶大な権力をもつスッラの命に従わなかったとき、とりなす人々に向かって「カエサルの中には多くのマリウスがいる」とスッラが言い放ったらしい。彼の最大の政敵がマリウスであったから、少なくともカエサルの非凡さを感じとっていたのだろう。できすぎた話のようでもあるのだが。

    残り539文字(全文905文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事